>  > KYB(カヤバ) Lowfer Sports 1本(フロント右) エルグランド(NE51) XL、X、VG、HWS WST5232R / ローファースポーツ

KYB(カヤバ) Lowfer Sports UD20 1本(フロント右) エルグランド(NE51) XL、X、VG、HWS ベットカラー:ホワイト WST5232R / ローファースポーツ

KYB(カヤバ) Lowfer Sports 1本(フロント右) エルグランド(NE51) XL、X、VG、HWS WST5232R / ローファースポーツ

ACRE ブレーキディスクローター スリットタイプ リア左右2枚 エルグランド ME51(2WD) MNE51(4WD) アクレ ログイン

RO69JACK 2016 for ROCK IN JAPAN FESTIVAL

このサビはずるい!!感動がとまらない【10選】

サビまで聴く価値のある曲を集めました!

作成者:ダンボ (2016.05.03 18:38)

Sports Sports 1本(フロント右) XL、X、VG、HWS ローファースポーツ / WST5232R Lowfer KYB(カヤバ) エルグランド(NE51) XL、X、VG、HWS

♪K-now

震えました、こころが。

歌詞を見る
悲しみのほとりで 水面に自分が映る 
ボクがボクでいること 誰も見つけてくれぬ命

繋いでくれたボクの手 ココロ 日々の中で思い出して
もどらぬ日々に這いつくばって 羽をもがれ 
声奪われ 帰る場所ない

教えて 永遠の生命(ヒカリ)を 
なぜに僕は生まれて死んでいくのか
教えて 永遠の居場所を 
叫び続けているよ 母(キミ)の名前を

夢の続きで キミに出会った 
どうかしているんだろう 全ては闇へと

溢れる笑顔 包まれた日々に 思いをはせて感じる
あの日の過去が いつか色あせ 
思い出の中 独りでは生きたくはない

教えて 永遠の生命(ヒカリ)を 
なぜに僕は生まれて死んでいくのか
教えて 永遠の居場所を 
叫び続けているよ 母(キミ)の名前を

悲しみのふち まだきこえてるよ
あの子守唄 まだ忘れずに

教えて 永遠の生命(ヒカリ)を 
なぜに僕は生まれて死んでいくのか
教えて 永遠の居場所を 
叫び続けているよ 母(キミ)の名前を

おいしくるメロンパン

♪色水

ひたすら声が優しく包む。音楽で人を癒す。

歌詞を見る
色水になってく 甘い甘いそれは
君と僕の手の温度で 思い出を彩ってく
寂しくはないけど ちょっと切なくて
流し込んだ空の味

くるくると回る風車を 君は弄んで
下駄のかかと鳴らしながら
「またね」って笑ったんだ

夏の終わりは通り雨の香り
「喉が渇いたよ」

色水になってく 甘い甘いそれは
君と僕の手の温度で 思い出を彩ってく
寂しくはないけど ちょっと切なくて
流し込んだ空の味

生ぬるい風が吹いて 夏は僕を笑った
茜色に溶けだした空は 僕を見ていた

飛行機雲が淡く線を引く
いつか忘れてしまうのかな

色水になってく 甘い甘いそれは
君と僕の手の温度で 思い出を彩ってく
寂しくはないけど ちょっと切なくて
流し込んだ空の味

写真に写る君の手の中で
風車は回り続けるのに
君が僕にくれたブルーハワイは
今、溶け始めたんだ。

色水になってく 甘い甘いそれは
君と僕の手の温度で 思い出を彩ってく
寂しくはないけど ちょっと切なくて
流し込んだ空の味

雨の日には。

♪サニーデイラブ

個性的なボーカルをきいてください。必聴!

歌詞を見る

泣いて ★色番号塗装発送汎用 ルームミラー【ギャルソン】ラグジュアリーミラークリスタルチェーン ワイドバージョン ゴールド オーロラ、泣いて繋いだ手は
離すな ★色番号塗装発送汎用 ルームミラー【ギャルソン】ラグジュアリーミラークリスタルチェーン ワイドバージョン シルバー オーロラ、明日は当たり前じゃ
ないよ、そんなことくらい
君もわかってるんだろ?
泣いて、くしゃくしゃになった
その顔も、声も 、思い出だと
言って、笑えるのなら
それって嘘みたいでしょ?

すきは言わないと
離れてくなんてもんじゃない
なのに何度でも
確かめるよに聞いたね
不安そな声で

サニーデイラブ、恋ってのは
雨雲から逃げるよなもんでしょ?
それを簡単に考えて
曇り空見たってしょうがねぇ
晴れたよな空を見るためにゃ
少しだけの我慢も必要です
その瞳に雨がやってきても
君の感情に夜はこねえよまだ

泣いて、泣いて繋いだ手は
離すな、

KYB(カヤバ) Lowfer Sports 1本(フロント右) エルグランド(NE51) XL、X、VG、HWS WST5232R / ローファースポーツ【最新作&お買得】

、明日は当たり前じゃ
ないよ、そんなことくらい
君もわかってるんだろ?
もしも、もしも二人
はなればなれになっていて
も同じよに、めぐり逢えたら
それって夢みたいでしょ?

すきは言わないと
離れてくなんて嘘だよ
うまく言えない言葉は
もとから決まってる
シナリオみたいね

フリクションラブ ACRE ブレーキパッド ■アクレ フォーミュラ700C リア 【品番:281】 トヨタ クレスタ・チェイサー・マーク2 JZX90(NA) 95.9~96.9 マーズ アルミニウム ブレーキ ドラムカバー ゴールド リア スズキ ワゴンRスティングレー MH35S/55S 2017年02月~、愛ってのは
初めからあるもんじゃないでしょ?
それを簡単に考えて
曇り空見たってしょうがねぇ
フリクションラブ、フリクションラブ
フィクションじゃない関係で
その瞳に雨が降ってきても
君の感情に夜はこねえよまだ

comolebi

♪糸吊り人形の罪人

ギターがかっこいい。テクニックあり。

歌詞を見る
吊り下がった糸が軋んだ
神様言う 「小さな遊びさ」
踊らされた君の足跡
グラジオラス 綺麗に咲いたんだ

水の膜に淡く包まれている
ふわふわ浮かんでゆく
悪夢は覚めない
枯れるまで

「ねぇ?空から声を降り注ぐのはだあれ?
ねぇ教えて 光 眩む 姿を」

吊り下がった糸が軋んだ
濡れた身体 目が覚めた
壊れ果てた 君の手から
グラジオラス 淡く散ったんだ

あぁ、怯えないで
飲み込まれる街に
僕ら溺れてゆく
耳鳴りが止まないんだ

いつか心が闇に盗まれた夜
僕ら失った
声と時計の針を

世界に終焉を

「ねぇ?私が私でいられなくてごめんね」
心が脈打ち涙溢れた

いつか孤独が悲しみを描く夜
僕がその手に手錠かけてあげるよ

ねぇ?
あなたがあなたを失う日は
手を掴んで2人鐘の鳴る街へ

逃げよう

GOLDEN AGE

♪心ふるわすくらいの感動を

楽しそう。音楽だ。

歌詞を見る
笑う笑う笑う笑う
それでいい、それがいい基本はそこにあるだろう
上辺の関係も安い言葉さえ今は とても心地よく思う

誰も知らないビジョンを 探し続ける運命
なぁなぁに過ぎていく中で

心ふるわすくらいの感動をいまだに僕は探している
神様だって見て見ないふりをしているけど
一つも責めやしないのさ それさえも自由
数え切れないほどの失敗の中で何度も生まれ変わる
また新しい自分になれる
涙はいつも日々を飾り輝くだろう 記憶の隅で

笑う笑う笑う笑う
それでいい、それがいい基本はそこにあるだろう
それでもたまには不安で眠れない夜も
それさえも心地よく思う

誰も知らないビジョンを 探し続ける運命
曖昧にうつろう日々の中で

心ふるわすくらいの感動をいまだに僕は探している
神様だって見て見ないふりをしているけど
一つも責めやしないのさ それさえも自由
数えきれないほどの失敗の中で何度も生まれ変わる
また新しい自分になれる
涙はいつも日々を飾り輝くだろう 記憶の隅で

心ふるわすくらいの感動をいまだに僕は探している
神様だって見て見ないふりをしているけど
一つも責めやしないのさ それさえも自由
数え切れないほどの失敗の中で何度も生まれ変わる
また新しい自分になれる
涙はいつも日々を飾り輝くだろう 記憶の隅で

リコチェットマイガール

♪夜更けてく前のライダー

かわいいな。なぜかそう感じる。単純にいいです。

歌詞を見る
ゆるい坂を上っていたバスの
窓に粒が光った
予報では降るとは言ってなかったが

「ずぶ濡れになってしまえたら
いっそ 楽になれるんじゃないの」
興味を引くための口実なんだよ

優しい人なら他にもいるでしょう
忘れてもいいなら

夜じゅう君といられたらいいと
そう思うだけ
何も出来ず 僕は待っていた
それは出来ないだろうな だけど今夜も
仕方ないと諦めてばかり

無愛想で割り切った君のことが
気になってしまって
愛しい想いも捨てきれずに まだ
優柔不断な僕の願いは

「世界中僕を許してくれよ」
そんな大それたことも言えず 夜になっていた
いつか変わるんだろうか そして今夜も

夜じゅう君といられたらいいと
もう思うだけ
何も出来ず 僕は黙っていた
それは言えないだろうな どうせ今夜も

夜じゅう君といられたらいいと
そう思うだけ
何も出来ず 僕は待っていた
それは出来ないんだろうな だけど今夜も

asayake no ato

♪渚の光芒

空気感がいい。広がる。遠くまで。

歌詞を見る
夜明けはまだで 海にも似た青色の中で
地面の上 気付けば僕はむき出しの心で走り出す

夜のもとに朝が嫁ぐ 鼻を擦り付けて
傷付け合い与え合う 陽だまりの中

おはようとさよならと出会い
遠く懐かしい口笛はこの胸に

夜明けはまだで 海にも似た青色の中で
地面の上 気付けば僕はむき出しの心で
走り出す春の風になり別れの悲しみを拭い去る

褪せていくセピア色 じっと睨んでいる
裸足の指が悲鳴を上げる 夕凪の影

これからは離れ離れの歳月を
幸せが何か知る由もなく追いかける

心の切れはしにも明日は隠れている
見つめているのが幻かどうか
行ってみなければ分からない

夜明けはまだで 海にも似た青色の中で
地面の上 気付けば僕はむき出しの心で
走り出す春の風になり別れの悲しみを拭い去る
それだけでは幸せにはなれないけれど
恐れずに 忘れずに

arrival art

♪独り舞台

かっこいいことやってます。これは。

歌詞を見る
過去に得た感動も
気が付いたらもう
居なくなってた
置いてきた感覚は
今どこにあるだろう?
ふと思い返してみた

本当の自由が
どれほど怖いかを
本能は知ってる
開け放たれている
鳥籠の中で
不自由を歌ってる

満ち足りないから
手を伸ばし続けて
触れたもの全てに
運命を重ねる
捉えようのない心の靄を
振り払う術を探している

桜ひらひら
舞う季節がまた
いつかの僕の夢をまた
思い出させる
記憶はきらきら
輝いたまま
いつもの様に僕を
責めてくる

見つからないように
心を隠しあう
かくれんぼを
ずっと続けている
鬼等いないから
終わりなんてないのに

飽き足りないから
また手を伸ばして
掴んだ幻に幸せ重ねる
堪えようの無い
不安を紛らわす
従順な標的を探している

咲くときはただ
美しいから
それを「希望」と名付けていたけど
散るときはただ
理由に逃げて
いつかの僕の夢を
僕が奪ってしまう

桜ひらひら
舞う季節がまた
いつかの僕の夢をまた
思い出させる
そしていつしか
その夢がまた
本当の輝きを
取り戻せるように

僕を一番裏切ったのは
誰よりも僕自身でした
だけど
僕を一番信じれるのも
僕自身だと
知りました

CHERRY NADE 169

♪ワンフォーム

せまるものがあります。本物。

歌詞を見る
形はなくて  特に色なくて  言葉にしたって  借り物だって
善いもんだって  悪もんだって  真似やフリにしかもうならなくて
夜がふける度に  追い込まれる  今日が始まる

散々迷って苦労して見つけた  ”自分”  もどうやらもう世間じゃ取るに足らん存在のようで
誰かの何かと比べられ  挙げ句の果てには「個性がない」
ちょっぴり気づいてた量産型ライフ

あの頃は
運命より早く走ろう  誰の何より光ってみよう
燃えかすも溶ける程のブルー  所謂これ努力のルール
保証はないのに信じてた  やる程上に行けると思っていた
でもそろそろもう限界だ  “何か”  に追い込まれている 

くらくら  くらくらと目眩  処方箋もなく
ひらすら  ひたすら言いきかせた  「がんばれ」 

始まった今日から  逃げれないから  逃げないまま歩いてきた
いびつでも  細かくても  これは僕だけの足跡

この傷や涙が誰かに言えば不幸自慢  苦労自慢であったり
誰かの何かと比べられ  挙げ句の果てには「よくあるね」
ちょっぴり気づいてた量産型ライフ
あぁもう  無意味に比べる世間の実体のない言葉を信じて
どうして自分を信じれない  僕はたった一人なのに

世界から  逃げれないから  逃げないまま震えていた
やっとで乗り越えた日々組み合わせ  僕になっている
あの時の痛みは  痛みのまま終わらせない
無駄じゃないんだ  そう言い聞かせて  ここに立っている

自分なんてわからない  でもいないフリもできない
隠れても  叫んでも  どうしても僕は僕を知っている

形はなくて  特に色なくて  言葉にしたって  借り物だって
善いもんだって  悪もんだって  真似やフリにしかもうならなく…否

形はあるよ  赤色が好き  僕にしか言えない言葉があるの
善いもんだって  悪もんだって  もうカテゴライズの外へ出ています
夜がふける度に  覚悟を決める  僕が始まる

代わりはいないって信じてるんだ  それだけでここまできた
かさぶたになったあの痛みは僕の模様に
始まった僕から逃げ出したって同じならば
全ての足音を結んで  言葉  紡いでいきたい
全て僕だけの模様に

Noel in Lost World

♪I Loved Youth

光がさしこんでくる。そんな曲。

歌詞を見る
愛されたいと思っていたんだ
誰もが君を忘れたとしても

絶望や希望はただ繰り返す
できるだけ目を逸らさずに進め
現実の向こうへ 描いて行こうぜ

一寸先の流行なんてもう変わっていた
使い古された音になんて興味ないよな
「振り向かない希望を追い続けるのはもう、俺はもう諦めている」みたいな
そんな嘘をつくなって言われた気がした

愛されたいと思っていたんだ
ただそれだけは忘れはしないぜ
胸を焦がす季節が過ぎれば
さよならを言わなくちゃいけないな

君と過ごした街はずっと遠くなっていた
今更どこへ行こうかなんて言えなかったんだ
「必要なものは勇気と想像力」チャップリンもそう話していたらしい
−少しでも、追い続けられるか

愛されたいと思っていたんだ
誰もが君を忘れたとしても
胸を焦がす季節は過ぎていく
ただ君の目の前を

瞬きすら惜しいと思うか
今こそが最高だと言えるか
積み上げた未来の行方は
君だけが誰より知っていた

聴けるまとめについて

▲ページ上部へ

お知らせメール登録

ご登録いただくと、選考結果の発表や、次回のエントリー受付開始、締切日など マナレイ ユーロスピードBL10 4本セット ホイール スクラムワゴン【13×4B 4-100 INSET42】DG17W MANARAY SPORT EuroSpeed マナレイスポーツ MiD アルミホイール 4枚 1台分【店頭受取対応商品】、

KYB(カヤバ) Lowfer Sports 1本(フロント右) エルグランド(NE51) XL、X、VG、HWS WST5232R / ローファースポーツ

、RO JACKに関するお知らせをメールでお送りいたします。

{yahoojp} {rojack.jp}

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-68790